2014/10/12 (SUN) SLEEPING BAG presents 2020VISION CONTENT@WOMB Shibuya,Tokyo

image

image

2014.10.12.sun(祝前日)

OPEN: 23:00
DOOR: ¥3500 W/F ¥3000 MEMBER ¥2500
MUSIC: HOUSE,TECHNO
Venue:WOMB
http://www.womb.co.jp/#!/womb/2014/10/12/sleeping-bag.html

2F MAIN FLOOR
GUEST

RALPH LAWSON (2020VISION)

SIMON BAKER(2020VISION/GET PHYSICAL)



LINE UP
RYOTA ARAI
KOSUKE ITODA
KAZIZI (GREYHOUND)

LIGHTING 
OVERHEADS

4F VIP LOUNGE
-SENSE OF FOREST 2014 AFTERPARTY-
GUEST
RYO TSUTSUI(EDEN / WEEKEND WARRIORZ)
BLIND CARBON COPIES (BCC)

LINE UP
HIRO
YUTA NAMIKI
TAKISHIMA

3F MID LOUNGE
-THE SESSION -
JUNSHIMBO(JOIN OUR CLUB UK/THE UNKNOW DISCOGRAPHY) 
FYDE(HIROSHI KINOSHITA, DONGURI, SHOHEI) 
TARO 
SHODAI(CHAPT.) 
MARI SAKURAI 
KOMA(JUVNILE)


1F WOMB LOUNGE

-HOW FLY? BY DOKULITZ-

SUNNOVA 

"SUNNOVAは、東京を拠点とするプロデューサー。〈術ノ穴〉、〈LOW HIGH WHO?〉、〈Mad-Hop〉、〈FOGPAK〉などでの作品のリリースに加え、今年2月に『QUIETS』、2012年に『D​.​e​.​a​.​l. E​.​P.』をリリースしており、こちらもBandcampでname your priceにてリリースされている。2014年7月にニューアルバム『Vermilion Eyes』をUKのレーベル〈Broken Bubble〉からリリース”-UNCANNY


Albino Sound

『Red Bull Music Academy Tokyo 2014』に参加。

"職場である東京のダイナーで仕事に励むかたわら、プロデューサー兼マルチ・プレイヤーとして音楽を制作する、Albino Sound。彼のトラックは雄大かつ繊細で、クラウトロックとニューエイジからの影響を、複雑で軽快なリズムと豪華な雰囲気と8ビットのメロディーの中に注ぎ込んでいる。普段はまだ、文字通り「ベッドルーム・プロデューサー」として活動しているが、彼の作品は少しずつ世界に知られるようになってきている。そのうちのひとつが、ウェブサイトTheDayMag.jpの制作した短編ドキュメンタリー・シリーズに提供したサウンドトラックだ。”-WIRED 

Arμ-2 

"新世代日本語ラップ・シーン最高峰のコラボが実現!東京ビート・シーンの若きビートメ­イカー、Arμ-2 とFla$hBacks のDJ / ラッパー / プロデューサー、Kid Fresino によるジョイント・アルバム『Backward Decision For Kid Fresino』"- P-VINE

"かのPitchforkでも大絶賛された世界水準のビート・アルバム、ついにCD リリースが決定!KID FRESINO とのコラボ・アルバムのリリースも大きな話題となっている東京ビート・シーンの若き奇才、Arμ-2 とPitchfork にてフォーカスされたことで世界的な注目を集めているタイ在住の日本人ビートメイカー、lee (asano+ryuhei) のコラボ・アルバム『TANHÁ』、ボーナス曲を追加して待望のCD リリース。"-WENOD

食品まつり a.k.a foodman

名古屋から横浜へ生活拠点を移したトラックメイカー食品まつり a.k.a foodmanが、同じく横浜のPaisly Parksが主宰を務めるレーベル〈Бh§†〉よりEP『hamakko』をリリース。ガラパゴス化し加速する日本産ジュークの多様性、そして可能性を押し広げる実験的意欲と情熱が、現在最もアツい街「YOKOHAMA」を通して世界へ!LEF!!! CREW!!!の公式MIX CDのリリースなど、とにかくHOTな話題が次から次へと興っているわけですが、この勢いはどう考えても世界で一番と言っていいほど面白い!WOOOHOOOOO!”-hihiwhoopee

%C (RELEASE LIVE)

90年代ヒップホップを敬愛するビートジェネレーションが生み出すチョップ・アンド・プッシュ!ヒップホップカルチャーとビートカルチャーの狭間で音と共存しているDJ/トラックメイカー “%C/TOSHIKI HAYASHI” による初のビートアルバム “b(ackr)oom sounds”!彼の人柄が滲み出た、温かさに包み込まれたメロウなダウンビートは、日常に水や空気が流れているのと同じように、何気ないゆるやかな日常に心地よく鳴り響く。MPC2000, SP1200, Ableton LIVE, を駆使し、ブーンバップサウンドにエッジが効いたビート群は彼のスキル/アイデアが存分に味わえる傑作だ。初回盤のみに付属されるDISC:2では、ここ数年ネット上に途切れる事無くアップデートしてきたビートから抜粋したビートアーカイヴが収録。こちらも必聴の1枚だ。マスタリングには “YAGI/MOMENTS” でも偉才を放ったビートメーカーデュオ “CONFLICT” から “Kabeyam”。国内インストゥルメンタル/ビートレーベル “LAZY WOMAN MUSIC” から堂々のリリース。”-WENOD

Tajima hal

"現在はベルリンを拠点とする神奈川発のビートメイカー、tajima halが、ニュー・アルバム『Sometime Ago 』をBandcampにて投げ銭形式でリリースした。

2012年作『butter effect tape』から卓越したサンプリング・スキルでビートを紡いできたtajima Hal。今作も現在進行形のビート・マナーでジャズ・ネタを調理していく“Bloom”“Downstairs”“Gone”“(BONUS)OnMyMind”あたりの手腕に唸らせられるほか、スピリチュアルメロウビートダウン“Wave”、ビートルズ“The Fool On The Hill”(!)の一節を使った“Close”など、多彩なトラックが用意されている。アートワークも本人が手掛けており、tajima halの世界を堪能できる一枚と言えそう。”-Mikiki


Shisd

Shisd(本名Felix Idle)はオーストラリア・ダーリングハースト出身現在は東京とオーストラリアの首都キャンベラの2都市を拠点に活動しているプロデューサー/ボーカリスト

2012年にオーストラリアを拠点とするネット・レーベルWood & Wireからリリースされたしsd EPでは環境音やシンセの細かいサンプリングなどを駆使し音と音の隙間である余白を存分に活かしたローファイな音作りでどこかEyedressやHoly OtherClams Casinoといったドリーム・ウェイヴ~ウィッチ・ハウスなどと呼ばれていたアクトとの親和性をも感じさせたまた自身の囁くような甘いボーカルや感傷的でありながらもどこか親しみやすさも感じさせるメロディは彼が影響を受けたと語るJesus and Mary Chainや日本のSupercarなども彷彿とさせる

現在ではヴォーグや地元キャンベラの実験的な音楽シーンなどからもインプットを行いながらも制作やライブ活動をに打ち込んでいる





「音という心地良いものに囲まれている時間はさながら寝袋 (SLEEPING BAG) にいる様な感覚に捉われる」 これをコンセプトとし、上質な音だけでなく空間全体をプロデュースし独特の雰囲気を発信し続けるSLEEPING BAG。
今回SLEEPING BAGが提案するのは老舗ながら、未だ最前線を走り続けるUKレーベル2020VISIONの記念すべき20th Anniversaryプロジェクト“2020VISION CONTENT”をWOMBで開催!
1995年に立ち上がり、Spirit Catcher、2020Soundsystem、Audiojack、Crazy P、Djulz、Motor City Drum Ensemble等の良質な音楽をリリースし、今では最も優れたエレクトロミュージックレーベルの一つとして知られている。
ゲストには、世界中のオファーによるツアーを行い’英国の最高機密が流出した’と例えられるレーベルオーナーのRalph Lawson。
UKで開催される2020VISIONのSHOW CASEに幾度となく出演し、RadioslabeのリミックスToo slow、Debukas とフューチャーリングしたLet me in 等話題のトラックをリリースし続けハウスミュージックシーンにおいて、アンダーグラウンド・オーバーグラウンドを問わず、幅広い層から支持を得ているSimon BakerがWOMBに初登場する。
新進気鋭逆輸入アーティスト KAZIZI、SLEEPING BAGレジデントryota arai、kosuke itodaがそれを迎え撃つ。
VIP LOUNGEでは前週に開催されるSENSE of FOREST 2014がアフターパーティーを実施!まだ醒めぬ熱狂が再現される事は間違いない。
更に、WOMB LOUNGEに次世代を担うビートメーカーが集結するパーティHOW FLY?、MID LOUNGEにhiroshi kinoshita率いる若手ハウスパーティーthe SESSIONと新世代の風が吹き荒れる。
全フロア様々なコンテンツが入り交じるスペシャルな一夜となるだろう。

Sleeping Bag continues to produce not only high quality sounds, but also a unique overall space and atmosphere, based on the concept of “Spending time being enveloped in something as comfortable as music is just like the cozy sensation of being inside a sleeping bag.”
This time Sleeping Bag brings to Womb a 20th anniversary project worthy of commemoration, “2020Vision Content” by 2020Vision, a UK label that, although well-established, is still running at the forefront of the electronic music scene.
Since its establishment in 1995, 2020Vision has released high quality music including Spirit Catcher, 2020 Soundsystem, Audiojack, Crazy P, Djulz, Motor City, and Drum Ensemble, and nowadays it is known as one of the most prominent electronic music labels.
As guest, the event will welcome label owner Ralph Lawson, boasting steady offers from all over the world and known as the UK’s top leaked secret. Simon Baker will also be performing for the first time at Womb, an artist who has receive a wide range of support within the house music scene, both underground or overground, having performed countless of times at the 2020Vision Showcase in the UK, and continuously releasing hot tracks including Radio Slave’s remix Too Slow, and Let Me In featuring Debukas. Up-and-coming reimported artist Kazizi, and Sleeping Bag residents Ryota Arai and Kosuke Itoda will also be facing them on at this event. The VIP Lounge will be holding an after party by Sense of Forest 2014, an event which is to be held just the week before! There is no doubt that this will revive everyone’s undying enthusiasm. In addition, the winds of new generations will fly across with How Fly?, a party that will gather in Womb Lounge all the beat makers of future generations, and The Session, a house party lead by Hiroshi Kinoshita in the Middle Lounge. This is certain to be a truly special night with a mixture of fantastic music on every floor.

47,262 再生

Taken from the forthcoming @clakclakboomclak album ‘Tayi Bebba’ released in September.
Super limited white label TPs & Black Acre T-shirts now available at:
https://blackacre.databeats.com/

First premiered on Gilles Peterson Worldwide:
http://www.gillespetersonworldwide.com/clap-clap-kuj-yat/

Keep up to date with all the newest Premieres from Gilles Peterson Worldwide on:
Youtube http://bit.ly/11qIQZc
Soundcloud https://soundcloud.com/gillespetersonworldwide

www.theblackacre.co.uk
www.facebook.com/clakclakboomclak